乾燥対策をしよう

美容液

シンプルなスキンケア

肌の状態は常に一定ではなく、体調や環境などの変化でバランスを崩すことがあります。不健康な生活をしていたり、ストレスを溜め込んだりしていると、敏感肌になってしまうわけです。敏感肌になると、いつも通りのケアをしているのに、肌が乾燥してしまうことがよくあります。美容上良くないので、敏感肌の人は乾燥対策の知識も頭に入れておきましょう。敏感肌の場合、シンプルなスキンケアをすることが基本になります。リッチなスペシャルケアは、肌の力が回復するまで行わないようにしましょう。敏感肌用の低刺激で炎症を抑える効果のある化粧品を使い、保湿を重要視することです。しかし、肌の状態がなかなかよくならない場合は、早めに美容皮膚科を受診するようにしましょう。また、肌が乾燥してしまう原因は身体の中にもあります。敏感肌の人は寝不足であることが多いです。寝不足だとストレスが溜まり、肌に著しいダメージを与えることになります。また、睡眠中には肌の修復に大きく影響する若返りホルモンが分泌されます。しかし、何時に寝てもいいわけではないです。深夜2時以降に寝ても、若返りホルモンはしっかり分泌されないので注意しましょう。午後10時から遅くても2時までに眠りにつくのが鉄則です。また、肌の乾燥を防ぐ栄養素のことも理解しておきましょう。肌を潤すビタミンAをメインに、ビタミンB2やビタミンB6も不足させないようにすることです。β-カロテンや鉄も大事です。